スーパーカブ50おひとりさまカブ散歩

ライダーさんとのコミュニケーションには必須アイテムです

タンデム中だとなかなかコミュニケーションが取れないと思われがちですが、そんな事はないですよ。2人だけにわかる合図を決めておいたり、インカムを使うなど、コミュニケーションを取る方法はちゃんとあります。

コミュニケーションの取り方

インカムを使わない場合は、トイレに行きたいとか停まって欲しい、疲れた、ぐらいの合図は事前に2人で決めておいたほうが良いです。
うちではインカムを使ったコミュニケーションを取ってますので、何かあったらその都度報告しあえるので楽と言えば楽です

インカムとは

「インターコミュニケーション」(相互通信式構内電話)の日本式省略形。 また、日本では業界用語として「インカム」という呼称が定着している。

Wikiより

あくまでもバイクに乗る上でのインカムとは?の話です
収入のインカムではないのでご注意を。

我が家ではBTX2FMを使っています。
0820_7
風きり音も聞こえるし、ちょっと配線が弱い印象はあるのですが、とりあえず1年程使ってみて、コミュニケーションに不足は感じておりません。

カメラを首から下げていなかった頃は暇だー暇だーとよく嘆いていたわたしですが、カメラをぶら下げるようになってからは、しっかりと写真を撮りたくなったら停めてー!と頼んだり(ほぼ強制的に)トイレとか休憩とか眠たいとか、すべてがこれだけで済んでいます。

FMラジオも聞けるのでソロライダーさんでがもってても良いのかもしれないなぁとは思うのですが、ライダーさんによっては集中力の妨げになる場合もあるので、そこは2人でちゃんと話し合って導入するかどうかは決めてもらいたいと思います。

導入して良かった事

伝えたい事をすぐに伝えられると言う点はすごく良かったと思っています。
あとはバイクに乗る時に乗って良いかどうかの判断がつかない事もあるんですが、彼さんからOKが出れば乗り込めば良いので、毎回おじゃましまーすと一声かけてから乗れるようになったのは凄く良かったと思っています。
インカムがない頃はメットをかぶっていてなかなかうまくその辺のコミュニケーションが取れなかったので、乗って良いのかどうかもわからないし、無言で後ろに乗り込むのもすごく嫌だったので、この「おじゃまします」の一言がちゃんと伝えられるようになったと言う点では本当にありがたい装備だとわたしは思っています。

 

マイクは音をよく拾ってくれます

あめちゃんとかなめていると、口の中であめちゃん転がしたりする音まで拾います。そんな音まで拾うのでくしゃみや咳も完全に耳元で響き渡りますw

それが嫌ならインカムはオススメできません。

冬場は2人して「鼻水があぁあああ」なんて言いながら走行していたりもします。
寒さに耐えられなくなったときでもすぐに合図もだせますし、夏の暑い時、熱中症になるんじゃないか?ぐらい暑くてだるくなってきたときでもすぐに伝える事ができます。

ふとした時に小さな声で鼻歌とか歌っても相手に聞こえます。
眠気覚ましのしりとりだってできますよ(;´∀`)

シングルパックを買うよりは・・・

ツインパックを買うほうがほんのちょっとだけお得になります。
が、うちで使っているインカムより安いものは多々あると思います。使い勝手とか使い心地はわたしにはわかりませんし、今のところBTX2FM以外の物を使う予定はしてません。
ただ、こう言うコミュニケーションの取り方もあるんだよ、と言う事を紹介しているだけなので、自分たちに合ったインカムを探してみる事をオススメします。

 

 

 

コメントを残す