スーパーカブ50おひとりさまカブ散歩

スーパーカブ50を手に入れてしまいました♪

カブ

丸目が良いとか言いながら結局中古で角目のスーパーカブ50を手にしたころ(@coloblog)です。

見るからにおっさん使用な感じのスーパーカブではありますが、結局の所走ればそれで良いんです!

 

丸目じゃなく角目にした理由

最後の最後まで悩みに悩んでいた見た目のお話しではあるんですが、今でも丸目の方が好きな事に変わりはありません。

実際問題乗ってしまえば自分からは見た目なんてわからないと思ったんで、丸目へのこだわりは今回捨てる事にしました。

色と言い、角目と言い、まるでおっさん仕様ですが、乗っているのがおばさんなんで気にしてはいけませんね!

最終的にこのスーパーカブを手にした理由は

  • セル車だった事
  • 4速まである事
  • スピードメーターにガソリンメーターが表示されていること

たぶんこれぐらい。
ちなみにこの理由を選んだのは私ではなく彼さんだったりするんですけどね。汗
セルに関しては「 あった方が良い、なくても困りはしない 」と言うのが私の考えではあるのですが「 あったほうが楽 」と彼さんに言われて、それもそうかと思った次第です。

4速まである事に関して言うと、ATしか知らない私にとっては意味がまったくわからないのと、しっかりと体験して比べた事がないのでなんでも良かったです。まったくわからないものに対して甲乙はつけられないですからね……。

ガソリンメーターに関しては、スピードメーターに表示されているのが普通だと思い込んでいたので、特に気にしてなかったんですが、カブのガソリンメーターってシート下にある事が多いんですかね?

無知すぎるのでこれまたよくわからなかったんですが、お店に並んでいた他のスーパーカブを見ても確かにガソリンメーターは表示されておらず、これが常に見えてないとかガソリンの残量管理がめんどくさい!と思いこちらのスーパーカブを購入するに至りました。

 

実に13年ぶりぐらい

13年ぶりぐらいに50ccを運転しました。

と言っても昔はただのスクーター。アクセル回せば勝手に走るし、ブレーキ握れば勝手に停まる。タンデムをするでもない乗り物だったので気を使って運転する事もありませんでしたし。

頭使わなくてもなんとでもなる乗りものにしか乗っていなかったので、スーパーカブのシフトチェンジと言う物に対しての恐怖心はすごくありました。

原付にしても車にしてもATにしか乗った事がない人間なんで、AT以外の知識がほぼ皆無なんですよね……。
車の免許もAT限定ですし。

13年程前に乗っていた原付とは言ってもぎりぎり20代の頃の体力と馬鹿さ加減を持ち合わせていましたし、あのころは恐怖なんてまったく持ってませんでしたけど……。

今現在、20代と40代の壁について考えさせられているところです(;´・ω・)

 

スーパーカブに慣れる

購入したお店の裏が農道でほとんど人も車も走っていない事と、農道付近は小さい頃からよく行っていた親戚の家があるので割と知っている道だった事もあり、30分ほど練習してから家に帰りました。

が、もちろん彼さんに見守られながらの練習だったのでわーわーキャーキャー言いながら練習していました。

練習と言ってもシフトアップの練習のみですけどね!
プロテクターも何もつけずにシフトダウンの練習は怖くてできなかったもので。

ちなみに今もシフトダウンの練習してません!
信号の変わり目とか踏切の一時停止後の再出発とか、とてつもなく酷い状況です。

完全に停車したあとは割とすんなり操作できるんですが、信号の変わり目とかは本当にひどいですw

何速に入っているのかわからなくなったら路肩に停めてアップ操作だけでニュートラルに戻し、発進時にシフトアップをすると言う始末……。

この辺をもっと簡単にできるようになれば、遠出も夢じゃない!と思っているのですが、今遠出するのは確実に無理ですね。

 

平坦な道をまっすぐ走る事は出来る

普通すぎる事ですが、平坦な道を普通に走る事はできます。

交通量のほとんどない道を時速30kmで走っている事にのろさや怖さはありません。トコトコ走ってる感じはとっても好きです。

が、交通量の多い道は色々と怖いのは確かです。大渋滞を引き起こす原因にもなってしまいますし、本当に申し訳ないと思いながら走っていたりするんですが、気にしすぎても仕方ないし、法定速度が30kmなんだからあおられてもどうしようもできませんからね。

法定速度だって私が決めた速度でもないし、変更する力も持ち合わせていませんので。

まぁ通勤や帰宅ラッシュの時間に交通量の多い車道はあまり走らないようにしないとなぁと思ったりはしています。

 

兎に角今は楽しい

自分の行きたい時に行きたいところへ出向けるようになったので、すごく楽しいです。まだまだ恐怖心も残ってはいますが、この恐怖心は忘れてはいけない事だと思っています。

人間気がゆるむとダメな方向に進んでしまいがちになるんで、恐怖心を忘れないようにしつつ、運転がうまくなれれば良いな~って思っています。

巨大な箱と巨大な前籠は既にゲットしてあるのですが、まだまだ取り付けにはいたっておりませんが、取り付けが終わったらさらにおばさん使仕様なスーパーカブ50になりそうです。

とことん可愛がってやろうじゃないか!と今はそんな気分です。

 

コメントを残す